読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不穏な空気

先日、老人ホームに入ってしまった祖母が元々住んでいた家の片付けをした。

こんなことを言うのもなんだが、

祖母が住んでいた家はゴミ屋敷で、潔癖症の私は子供の頃から母屋に上がったことがほとんどなく

よくある、、祖母の家にお泊まり、、なんて行事は私にとっては地獄でしかなかったわけだ。

祖母は地元御用達のお土産屋さんを営んでいて、基本的に店にいるため、部屋の掃除の時間がなかったことは大人になってから気づき

子供の頃は、

こんなゴミ屋敷泊まりたくない。

お父さんのおばあちゃん家は綺麗なのに、お母さんのおばあちゃん家って汚い。

などと、、ほんと失礼なことを言いまくった。

もちろん反省している。

しているが、ゴミ屋敷つっても汚いとかってレベルではない。テレビ出れるレベルということだけ頭に置いておいてほしい。

そんな家で育った私の母ですから

捨てられない病なのはもちろん

ものを片付けられない等

55歳をむかえる主婦とは思えぬ生活っぷり。

なんと言ったって、たまに私が家に帰宅し、床に掃除機かけてると

こないだやったから!!

って言う(こないだ)が一週間前だったりするから恐ろしい。

常識的には家を綺麗に保つにあたり、二日に1回は掃除機をかけたいとこである。

そんな母が、祖母の家を掃除しに行くと言い始めたから驚きである。

いる、いらないと分け、大半のものをいらないに入れた。

懐かしいなー!これ、〇〇の時のー!

などと言いつつ、でももう使わないからといらないボックスへ。

処分品はゴミ捨て場へ、いるものは自宅へ持ち帰った。

お母さんも掃除できるよーになったかー!

つって自宅帰って、いるものの中身を見てると

何故か、、ほんと何故か、、

いるものボックスの中に





カツラが入ってた。笑






思い出が詰まってた祖母の服や、ものを差し置いて

何故、、カツラ(笑)


母に尋ねると

私が使おうかなって!


いや、まて、、

お前頭鳥の巣つーか龍の巣のくせに、このストレートのカツラかぶるの、、?


多少の疑問はあったが、かぶさせてみる。

龍の巣のせいでカツラが盛り上がって頭の長さ2倍くらいになった。

もっと押し付けないとダメなのかしら、、

つって押し付けてみると

頭にはハマったが

ストレートのカツラの裾から龍の巣が垣間見得る(笑)

しかもゴミ屋敷にあったから、かるくカツラに円形ハゲできてるし、、

母はわりと気に入ったらしく、しばらくかぶっていたが、私がものすごい爆笑したので結局捨てることに。

やっぱり掃除なんてできる人じゃなかった、、。笑

私はいつになったら親離れ(ある意味)してあげられるんだろーな、、笑

では。