読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足先

万年冷え性、鈴木です。

やーやー。

毎日足先寒くて眠れないよ。

湯たんぽなり靴下なり、コロ助なり。

コロ助なり((`・ω・´)キリッ



違う違う、間違えた。

そーそー、湯たんぽなり、靴下なり、試してみたけど、結局寒くて夜中起きるのよ。

老人だよ。

いやーほんと寒い。

体毛を放置することで少しでもあったかくなるならホントぼーぼーでいいなって思うくらい。

世の中の男子に告ぐが

世の中の女共は、けして面倒だから冬場は体毛を剃らないわけではない。

少しでも暖をとるために、あえて体毛を伸ばしているんだって。

そう考えると生物の本能行動に聞こえる。気がする。

気がするだけ

実際ズボラなだけだけ。(真顔

そもそも今日は毛の話をするがな

私つったら鼻から下は全身脱毛してるから、ツルツルなわけ。

野暮な想像は受け付けてないが

まー生えないわけよ。

思い返せば、22歳の冬、

卒業を控えた私達は、食堂にて語った。

社会に出たら一番最初にしたいこと

そう、大人の階段に片足をかけてる夢あふれる22歳達のディスカッション。

山本
えー親孝行とか?

佐藤
だよねー、、あ、でもやっぱ私は買えなかったハイブランドバッグ買いたいな

高橋
でた!ハイブランド!でもまぁ1個くらいほしいよね!

斉藤
他は?他!私は月イチくらいで丸ビルとかでご飯食べてみたいなー!OLぽいよねー

鈴木
確かに確かに。

高橋
え?つーか鈴木は?
鈴木はさ、とりあえず田舎脱出じゃね?一人暮らしっしょー

鈴木
一人暮らし?寂しがり屋だから無理。
鈴木は全身脱毛だろ。

高橋、山本、佐藤、斉藤
、、、。

鈴木
二度いう、あえて二度いう。
鈴木はこのジャングル大帝鈴木を脱毛。

高橋、山本、佐藤、斉藤
確かに。

つーわけで、満場一致での剛毛加減に社会人になったら親孝行でもなく、ハイブランドを買うでもなく、はたまた一人暮らしをするでもなく、

脱毛を決意。

ほんとは1人くらい否定して欲しかったとは今更言えない。

そして23歳の夏。

初めて脱毛エステに行った。

全身脱毛、一括24万。

ポンと払った私の右手は震えていた。

会いたくて震えたことなんてないが、なにせ今まで学生だった私は2400円だって震えて出していたわけだ。

それが、24万なんて大金をポンと出せる日が来たのだから、さすがに西野カナ現象が起きてもおかしくない。

さっそく脱毛へ入る。

裸に一枚タオルを巻くだけスタイルで施術台で待っていると

担当のお姉さんがきた。

はい、じゃぁやってきますね!

と、始まりの合図をした後のお姉さんの躊躇のなさね。

もーそりゃ、あんた、女同士で気にしてる場合じゃないし、私達プロよ?!尻のアナだって、股のアナだって余裕のよっちゃんイカよ!

ってな感じで、ものすごく躊躇してこない。

むしろやってもらってる私のが躊躇した。

9割がた終わった施術。

のこすはジャングル大帝だけだ。

お姉さんはやはり躊躇せずジャングル大帝に果敢に向かってきた

まず始めにジャングル大帝を切り落とす事から始めたわけだが

ジャングル大帝すぎてお姉さん苦戦。

みなさん始めはそーですからー

って言う声が震える

これもまた脱毛のプロだから、

どんなジャングル大帝だって私だったら出来るわ!やれる!

って言う震えなのか

いや、マジコレ選手生命やべーわ。
このジャングル大帝、、ジャングル越えてるよ、、いくらプロつってもこれ、、いやいや、マジ無理でしょ、、

って言う震えなのか

ちとそこら辺はわかり兼ねたが

とにかく、さすがプロ、私のジャングル大帝を大帝くらいにはした。

思いっきりハサミ使って。

もう傍から見たら伐採。

伐採後、フラッシュ脱毛して

いや。ほんと。まさかね。

まさか、本当に股のアナまで躊躇しないんだなーって速さで終わった。

しかしながら、さすがジャングル大帝

一度や二度の伐採プレイでは終わらず

現在八回目を迎える。

大分無くなりすぎて

むしろジャングル大帝以外は無毛とかしてるわけだが

元のジャングル具合忘れてきた。

大分薄くなってから今の彼氏とも知り合ったので、私ったら相当毛薄女だと思われてるし

なんかそーゆう話になる時も

いや、私元々薄いから。

私、、元々、、

[薄いから、、] <ででーん

内心、いやめっちゃジャングル。
西川貴教、股で歌ってた勢い。

って思ってる。

いつかいおうと思う。

私、元ジャングルなのって。

西川貴教なのって。

そんなかんじ。

今更だけど、なんでこんな話になったのか自分でもわからない♡笑